Archive for 5月, 2012

感動した!作文・・・

水曜日, 5月 23rd, 2012

このところ夏日になったり3月頃の気温になったり、日本で竜巻の大惨事が
起きたことすらびっくりしている昨今、どうか静かにしていてくださいと、自然の
神様に祈らずにはいられない。
震災から1年2か月、だんだん薄れていく中、友人がフェイスブックで小学生が書いたという
作文を紹介してくれた。昨年あれほど震災に心痛め、復興を!絆を!と願った毎日を
呼び覚ませてくれるものだった。
感動した作文の内容は下記の通り,勝手に転載させていただきました。

  「ありがたいねえ」
            宮城県 小学校六年 中村早希

三日目、凍りつきそうになる両足をガタガタ震わせながら考えた。
(そうだ、あの日も、私はごはんを残していたんだ。しかも、私達の学年の残飯量は、
毎日、目立っていた。)
あちらこちらから、せきをする音が聞え、避難所として用意された教室に響いた。
そして、小さな子が泣き出す。
「おなかがへったよお。」
その子達のお母さんが、二人をだっこして、教室の外へ出ていく。
「すみません。」
小さな声だった。私は心の中で返事をする。
(誰も迷惑なんて思っていませんよ。)
丸二日、食べ物を口にしていない。突然、恥ずかしいという思いが押し寄せてきた。
自分の意思で、食べ物をそまつにしてきたことに対する恥ずかしさ。
「え、本当に。やったあ、やったあ。」
「もらえるんだって、おにぎり。」(うわあ、三日ぶりのごはんだ。)
配給されたおにぎりを両手を器にして、半分腰を曲げて受け取った。いや、頂いた。
でも、あれほど待ちのぞんだおにぎりなのに、食べるのがもったいないように感じられた。
友達と、こんな会話をしながら、寒さと恐怖とたたかっていたのだ。
「食べ物が食べられるようになったら、最初に何が食べたい。」
私達の答えは、三人とも、おにぎりだった。
この時、私の耳に入ってきた言葉、
「ありがたいねえ。」
近くで窓の外をじいっと見つめながらおにぎりを食べていたおばあさんの言葉だった。
その言葉によって、手のなかのおにぎりが、よりいっそう輝いて見えた。
感謝の心が、つやつやと光っている。友達と顔を見合わせ、どちらともなく、口にした言葉。
「食べるよ、食べるよ、せえのっ。」
口にしたおにぎりの味は、たぶん、一生忘れないと思う。
「一つ夢、かなったっちゃあ、私達」
お米の味をかみしめながら、自衛隊の人に手を合わせ、何度も何度も(ありがとう。)を繰り返した。
今、思う。あの日のおにぎり、あれは希望だった。
あのおにぎりがあって、私がいる。おなかがへった、と泣いた二人の命がある。
寒さとたたかっていたお年よりの方々の命がある。あれは千二百の尊い命をすくった、
まさに命のおにぎりだったと思う。多くの手と、その思いが実らせるお米だからこそ、
私達に希望を与えてくれ、明日を感じさせてくれたのだと思う。
支え、支えられるための力を生み出してくれたお米に感謝したい。
(ありがたいねえ。)

身延山日帰り

木曜日, 5月 17th, 2012

当日は朝から雨模様。
バスは川口から八潮市の諏訪神社、そして時間通り渋谷にて
最後のお客様をお乗せ出発。
総勢16名。
雨のせいか高速道路の混雑もなくスムーズ、身延山に到着。

 昼食(ゆば定食)後に銘木のしだれ桜を見学、
若干満開を過ぎたかにも思えたが充分に堪能できた。
身延山のしだれ桜は1度は訪れたい桜の名所になっているのが
うなずける。
長~い階段があって挑戦したかったが、雨で滑りそうだったので
挑戦は次回のお楽しみにする。

次に向かったのは白糸の滝、
雨のため足元もぬかっているので、何人かの方はバスで待機されていた。
7~8分下って滝見学。雨量がせいか滝の流れにも勢いが感じられ、
バスに残らず滝まで足を延ばして見に来て良かった。
観光客が少なく滝をゆっくりと観賞する事が出来てここも順調に終了。

大石寺、ここでも人の姿あまり見えず静かな大きな寺でした。
境内まで結構道のりありそうなので車窓から花見見学と、歩いて境内へと
の2通りに分かれる。
境内は時代劇に出てくるようなロケーション、
時代劇の世界にタイムスリップしたような空間に浸った。
バスに戻るとバスの中は、ハイテンションになっている、それは、
、車窓組がいかに景色が素晴らしかったかとの報告で盛り上がっていた。
静かな時代劇の雰囲気から現実に戻った瞬間!
負けじと境内の良さも一生懸命話ししたが、車窓の方に軍配が上がった気がする。

三か所から参加されたお客様が、バスの中は和気あいあいと一つになって
和んだあったかい空気に包まれていてうれしく肩がほぐれた。

その和やかなムードのまま、最後の食事処へ。
普段は夜の営業は行わないそうだが、特別開けてくれたお店フルハウスに感謝。
食事もおいしい!の一言。参加された方全員からおいしかったと
絶賛の言葉をいただいた。

今日一日、雨を忘れてお楽しみいただけたのでは(?)と、
バスを降り際、感じ取ることができました。(笑)
フレンドリーのツアーに参加してくださるお客様は皆さんいい方たち
ばかり、うれしくていつも感謝しております。
私はスタッフとして客として参加、楽しい日帰り桜めぐりのバスツアーでした。

変だよ・・・

月曜日, 5月 14th, 2012

昨年は大震災で”日本ガンバレ!”を合言葉に復興を目指して1年。。。
やっと落ち着きかけた今日この頃、なのに、今度は竜巻(日本はないと思っていた)で
茨城を通過、竜巻の恐ろしさを知った。
その時間帯、私も外にいて、西の空が黒く風がひんやりしたのですぐ家に入った途端
強い雨が・・間一髪雨に打たれずに済んだ。
地震は毎日のように起きている。富士山も爆発するのではと・・・・
自然が相手では防ぎようがない。
地球が変なのか、日本が変なの。鎮める方法てあるのかしら?
自然ばかりでない。
最近交通事故の多いこと。
居眠り運転で多くの犠牲者がでている。人間のすることなのだから防げる事故。
心して運転してほしいと思う。

協力助っ人

木曜日, 5月 10th, 2012

桜が高知で咲いたと春を告げる一報が届いた。

いよいよ活動開始だ。背筋が伸び手足もスタートラインについて準備OK。

年が明けてから少しずつ、弊社に変化が起こってきている。

新規依頼があったり、うれしいことに他社の営業マンが、フレンドリーの

営業も一緒に回ってくれるという。感謝・・感謝。。感謝。